人気の青汁ランキング

ストレスと青汁

青汁がストレスを感じやすい人にいいというのはご存知ですか。不規則な生活や食事、イヤミな上司や意地悪な同僚、社会人だとストレスを感じることも多く、今はストレス社会なんて言われています。

そんな、ストレス社会を生き抜くために必要なビタミンが青汁には妊婦には大丈夫豊富に含まれています。ビタミンが不足することによって、ストレスに弱くなってしまいます。

ビタミンC不足でストレスと戦うホルモンが生成されない

ビタミンCは抗ストレスホルモンを生成するためには、必要不可欠な存在になります。ストレスが加わると副腎に蓄えられているビタミンCを使い、抗ストレスホルモンを分泌します。

しかし、ビタミンCが不足するとその抗ストレスホルモンを生成することができず、ストレスに対する抵抗力が弱くなってしまいます。また、抗ストレスホルモンは、体内に蓄えておくことができないので、常にビタミンCが必要になってきます。

ストレスは、精神的なモノばかりでなく、肉体的な刺激もストレスとなります。例えば、気温変化による暑いや寒いなどによってもストレスを感じます。

青汁の主原料とビタミンCの含有量

青汁の主原料として「ケール」「明日葉」「大麦若葉」「桑の葉」の4つがあります。それぞのビタミンCの栄養素は「ケール:81mg」「明日葉:41mg」「大麦若葉:70mg」「桑の葉:32mg」となります。

“野菜の大様”と言われるだけあってケールのビタミンCの栄養価が一番高いですが、ケールはその独特のクセや苦味などが非常に強く、主原料となっている青汁はとても飲みにくい傾向があります。そのため、飲みやすくするために果汁といったものを混ぜている商品も多いためケールの含有量が減りその分栄養価も低くなってしまいます。

ですから、無理して飲みにくいケールが主原料の青汁を選ぶより、大麦若葉が主原料のものをおすすめしています。

美味しく飲める大麦若葉の青汁

大麦若葉はクセや苦味などがなく、青汁初心者の方や野菜が苦手な方でも抵抗なく飲むことができます。大麦若葉が主原料の青汁は「サントリー:極の青汁」「大正製薬:ヘルスマネージ大麦若葉青汁」「DHC:よくばり青汁」「山本漢方製薬MKF:大麦若葉粉末100%スティック」などがあります。

また、タバコを吸う人やお酒を沢山飲む人はビタミンCが不足する傾向にあります。ですので、積極的にビタミンCを取り入れるようにしたほうがストレスに強い体を作ることができます。

趣味で激しい運動をされる方もビタミンCが不足しがちです。エネルギーを消費すると共に、ビタミンCも消費していきます。ストレス社会で健康的に生活していくために、ビタミンCが豊富な大麦若葉の青汁はいかがでしょうか。

ダイエットに効果のある栄養素4つ

青汁がダイエットに効果があることはご存知ですか。青汁にはさまざまな栄養素が豊富に含まれていて、その中にダイエットをするうえで必要不可欠な栄養素があります。

青汁と一言で言ってしまえば、簡単ですが各メーカーから多種多様な商品が販売されていてどれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。同じ青汁でも、原料によって栄養価はさまざまです。ですので、ダイエットに効果的な栄養価の高いものを選ぶことにより効果的に痩せることができます。

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエレルギーに変換するため、ランニングなどの運動の際に効率よく糖質を消費することができるようになります。また、肌のターンオーバーを助ける働きがあるのでニキビや肌荒れといった肌トラブルの予防にも効果的な栄養素の一つとなります。ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなったり動悸や息切れの原因になります。

ビタミンB2

ビタミンB1と同じく糖質をエネルギーに変換する効果がある他に、脂肪の吸収を抑制する効果があります。また、皮脂の分泌を抑制や眼精疲労に効果があるとされています。

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整え便秘の改善に効果があります。また、コレステロールの吸収を抑制、上昇を抑える働きや、毒素の排出することができます。

ナイアシン

ナイアシンは、血管を広げる効果があるため新陳代謝促進のほか、冷え性や肩こりの改善に効果があります。更に、肌のターンオーバーを正常化する働きがあるので、ニキビの予防・改善やシミ、シワの予防に効果があります。ナイアシンが不足すると口内炎や皮膚炎、下痢といった症状が出てきます。

青汁でダイエット

フルーツ青汁にはダイエットに欠かせない栄養価が豊富に含まれています。栄養が偏ったり、不足すると内臓の働きが悪くなったり新陳代謝が低下してしまい痩せにくい体質になってしまいます。

ですから、どんな栄養素が体でどのような効果があるかを理解しておく必要があります。ダイエット効果の高い栄養素、ビタミンB1、食物繊維、ナイアシンが多く含まれる主原料の青汁は、「明日葉」になります。

明日葉は、ケールほどクセや苦味は強くありませんが、それでも他の野菜と比べると苦く口にしづらいフルーツ青汁になっています。ですので、青汁初心者の方は、なれるまでは明日葉100%のものは避けて、はちみつや果汁を混ぜ合わせた飲みやすいものを選ぶことをおすすめします。

ぜひ、試してみてください。参考になれば幸いです。